ブックマークに追加してネ!



人気ブログに挑戦します。

ポッチと応援して頂ければ
喜んでコロこんで喜びます。
↓    ↓     ↓

人気ブログランキングへ





最近のコメント

Archive for the ‘病気’ Category

禁酒達成記念『1週間達成(祝)』

ブラボー~~~ おおきに~ (*ゝω・)ノ アリガ㌧♪

ポッチと幸せ


人気ブログランキングへ

愛犬の通夜、火葬と飲みまくり
体調不良ぎみ

 

 

このままじゃ死んじゃうヨ てことで
禁酒をつづけています。

 

病院に監禁される以外、これほど我慢したことはなかった
入院となると我慢できるのに
退院するとまず一杯なんてことを続けていたため
今の人生を送っているとわかりはじめた(遅いちゅうネン!

 


何回 言っているやら?

でも今回 変わって行く自身を感じています。

 

2週間ほど前から寒くてやめていた散歩を始めました

毎朝 ストレッチとiphoneでYouTubeのラジオ体操欠かしていません

愛犬(イッキが亡くなり前の住いに立ち寄る理由もなくなった

落ち込むことはないが孤独感がます

今を続ければ野垂れ死に 健康をますます考える
このような状態でなくなると
私を知るものの中には

 

オッサン やっぱ酒で人生狂わしたナ  最後は一人で

   まぁ しゃ~ないわ好きなだけ呑んで死んでんカラ、本望ヤロ

膵炎やったらしいで

   最後はごっつい苦しんだそうやで

こんな話をする輩が絶対におる!!

 

 

男higeyasu(unti)

このまま死ぬわけには行きません

 

 

 

バカと思ったら ➔
人気ブログランキングへ

死ねと思ったら

 

 

 

 

今夜の晩御飯~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院で迎える春

ご無沙汰しておりますhigeyasuです、
あいも変わらず入院生活となっています。

 

 

先週月曜日ハローワークの就職者支援訓練1時限目を終了後
膵炎の痛みを自覚し徒歩で病院そのまま即入院、1周間がたちました。

 
膵炎で、この病院には10回ほどお世話になっているはずです
2012年2月まではこの病院には喫煙室がありました
嫌煙運動も盛んになり
大きな病院のなか神戸市内では唯一と思っていましたが
御上の指令のもと
病院は禁煙があたりまえとなりました。

 

 

 

去年の入院もこの季節だったはずです
痛みを堪え診療を受けました
毎度のながれで血液検査CTを済ませ、診療を受ける前に点滴が?
膵炎の治療薬と痛み止めが接せられます。

 

点滴の最中に主治医があらわれhigeyasuさん
アミラーゼの数値が上がってるわ
即・・・・・入院!

この時は薄々覚悟を決めての診療、小さなカバンには
入院セットが詰められていた

 

 

 

現在ブログを打ちながら去年の3月の俺?
たぶん入院していた?かな
そんなこんなで前ブログ
アメブロ確認➔➔➔ヤッパ入院していた

またもやそんなこんなで
病院裏のベンチで喫煙くつろいでいます。

 

 

 

来年はお世話になりません

 さくらの樹の下で

 春を迎えるしょぞんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんでもって春はよろしいナ!

ポッチと応援ヨロシクです。

↓    ↓     ↓


人気ブログランキングへ

 

 

点滴開放と憂鬱

強制入院4日めヤッパ食事は一切摂っていません。

膵炎治療では点滴での治療となります
食事を摂ると胃のたすけの為に膵臓が働き膵臓の酵素がでて
ますます周りを傷つけるようです。

バカですから膵炎の入院はこの4年で十数回目になっています
最初の入院では12日の絶食を経験しました
ほとんどの場合血液検査のアミラーゼの数値で入院、通院が決まります

今回も突然の痛みですが
前々から痛みを堪え診断を受けると数値が正常で痛み止めだけを処方され
帰されることが多々あったので、わりと気楽に構えてましたが
待合で待っているうちにカナリ本気で膵炎を感じていました。

血液検査の結果アミラーゼの数値は4000近く
普通は上限133だったはず?

 

主治医にお願いをする?
なんとか通院にしてもらえないだろうか?
先生いわく、100歩譲って1000までだったら許すが4000近くなんて言語道断
即入院!

 

 

入院4日目の朝、血液検査・心電図・レントゲンを撮ります
かなり慣れたものでアミラーゼの数値は下がっていると考えています。

 

10時の点滴交換
看護師がやってきてhigeyasuさん、この点滴が最後
明日の朝から食事がでます。

すべて私の読みの通り、数値は140なのだが
この点滴がまた長い
8時間かけて投与されるもので喜んでいるのだが、

開放されるのは夕方6時

バカオヤジは一人点滴を眺めながら人生を考えています。

 

 

 

 

 

 

はやく落ちろ

自由が待っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

自身を摂生しなくとはと考える(止めると断言できな弱い俺がいる

 

 
何度も何度も親戚・兄弟・友人に飲酒を注意されてきた
昨日は    バツイチ先輩が尋ねてくれて
「ほんまに ほんまに酒を止め」おまえが居らんようなったら寂しいんヤ

 

 

 

このまま突き進めばどのような人生になるかはわかっている。

 

 

変わります変わるのが最善だから

酒を止めると人生変わると思うんです

ポッチと応援お願いします。

↓     ↓

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

禁酒中のため昆布茶にしときます。

数日前からジンマシンに悩まされていました
懲りないオイちゃんhigeyasuです。

ほんと慢性膵炎では飲酒はご法度
なんども医者に言われつづけています。

1年365日酔っていました
まったく自慢できることでもなく
何から逃げていたのか?

ここ3年ほど入退院の繰り返しで
いまの生活になったと言えるのですが・・・・・

入院してる時は飲みたくもそれほどありませんが
こうしてシャバで暮らせると
アルコールに手をだしてしまいます
数週間前も腹部が痛み禁酒

痛みが無くなるとまた飲酒

長期に及ぶ薬の副作用か
全くジンマシンなど縁のない体でしたが
体質も変わってきたようです

2日ほどジンマシンは続きました
また2日ほど飲んでません
そうすると痒み(ジンマシン)消えました。

バカだから

気持ちだけポッチと応援

↓      ↓


人気ブログランキングへ

今回、体は痛みのまえに痒みで知らしてくれてるのかな
なんて考えています

できればそれがありがたい

そろそろ体の悲鳴カナ

昨晩からつづく具材置いたし水炊き

 

白菜+ちくわ

豚肉+豆腐

度々

本だし+鶏ガラスープ

 

 

 

 

もうすぐすると学生生活となります
半年間はますます厳しい経済状態
酒を呑む金も暇もなくなると思います

考えるに失業給付金が切れればバイトをしてもいいのか
そんな事も詳しく確認する必要も感じています

だから今日の夕食後は

なんとか禁酒

 

 

 

 

 

今夜のシメです。

 エビせんは永遠に。

 

 

 

 

 

ポッチと応援お願いします。
↓   ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食エレジー

痔の手術をして一月近くなりお尻の調子もしっかりしてきました
排便時の苦痛もなくなってきて
ナプ●ンの使用しなくていい状態です。

以前傷口の回復に伴い傷口の痒みを訴えていましたが
現在は手術のため除毛した、オケケがチックチックと
臀部の対面を刺激しあい・・・
カイぃ~~~~~~のです。

美的に?
毛深いことに若い頃から散々悩まされてきましたが
まだこの歳になっても悩まされております
病院では点滴注射などのテープをめくる時に痛みを堪え
今度は剃られて、生える痒みにも耐えています、しかたない。

昨日の買い物では焼酎の購入を見送りました
就職活動中で貧困で
なんとか来月まで乗り切る事を考えなければいけない人間が
飲酒なんてもっての他だと考えたのですが
ほとんどアルチューな私、昨晩は何度も
コンビニでの焼酎購入誘惑に耐えていたしだいです。

まったく寝付けず昼前に起床しました
神棚のお茶を供え、榊の水を替え
朝食件昼食となります。

ひとまず丼にコーンフレークに牛乳で朝食にして
昨晩のポトフを昼食にします
昨日のポトフはまったくの野菜スープだったので味気なく
ソーセージはあまり好きではないので
ベーコンブロクを刻み入れました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとコクのあるスープが完成!
タマネギ・人参・ジャガイモにベーコンの塩気と脂が絡まり
たまりません(野菜の旨みがギッシリ)

ちなみにバツイチ先輩からの電話がありました

奴は今日は営業ではなく出荷の準備で会社にいるそうです
そして奴の今日の昼食
マイナーメーカー特売 カップ焼きそば&おにぎり1個

オヤジの治癒力と向上心

ファンヒーターってもの凄く燃料を消費しますネ

友人の話ではエアコンのほうが
灯油を使用するストーブやファンヒーターより
光熱費は安くつくという話しでしたが
数日前、一日中 使用してみて納得しました。

ですが
使ってみてわかったのですが
足元から温めてくれるファンヒーターが
独り暮しのバカオヤジにはこころに暖かかったです。

だって体の真横から暖房を感じられるのですから?
(猫な自分を感じております)

痔の手術後のおチリは順調に回復しているのがわかります

年齢とともに体力が弱って行くのを感じていました
40代をさかいに、老眼をかんじ
現場仕事でも資材は「上げ屋」さんといって
資材搬入専門の業者がほとんど運んでくれる世の中になり
大工と言ってもそこまで力が必要なくなっていましたから

体力の低下にともない、膝・腰などに突然感じる痛み
怪我の回復の低下・・・

そんななか、退院14日がへいきんのなか12日での退院
排便時に悶絶していた痛みも次第に感じなくなり
現在 「かいぃ~~~の」

寛平ちゃん状態となりました

やはり傷の回復は痛みから かゆみに変わり
治っていくことに納得しています。

自身の肉体ながら「生物の治癒力」に感心し
またまた向上心、復活!

昨日、図書館から借りてきた
「なまけ者の3分間瞑想法」を読んでいます
半分ほど読んだのですが
おバカな私にもすごく頷け、納得する内容で楽しみです

「ろくでなしは私のことですか?」

に引き続き
人生やり直し(妖怪あすなろ)ですが
前進を試みています。

 

 

まさか鰻重?

昨日の昼の献立なのですが、テーブルに置かれた丼をみてビックリ!

なんと

鰻重ではないですか?

 

鰻重に玉ねぎは入っていないはず?

ヤッパ

肝吸いがついていて欲しい?

味噌汁は合わんカナ?

 

 

 

 

病院で鰻重???それにしてはあの香ばしい醤油ダレがかかっていません

膵炎患者の私の場合、このような調理法になりタレはかかっていないのかと

なにわともあれ一口くちに入れてみました

残念

穴子丼でした

ですが穴子丼もなかなか捨てたものではありません

香ばしい穴子!親子丼などに使われる薄いお出しがかかっていました

貪るように完食、昼のお楽しみはこれで終了となります

この病院はどちらかと言うと外科がメインで

内蔵などの治療の患者は少なく、食事も一般食に近く病院食とはいえ

けっこう美味しくいただけています。

一人暮らしを続けるなか食事だけを考えると入院生活のほうが幸せなのですが

やはりオウチに戻りたいと考えます

今朝の診察で私は良好との事

平均術後14日のところを12日で退院できるそうです

寒さが日増しに厳しくなってきています

家に帰り熱い湯船に浸かり、冷えたビールで一杯を考えています

(術後1月は禁酒)なのですが? 何か?

ある意味入院生活を楽しんでいるカモ?

3ヶ月前から始めた一人暮し

生まれてから初めての経験と言える

最初は自炊の為の必需品などを揃えたり、住所変更・免許切り替えなど

いろいろと忙しく寂しさも感じていなかったが

数ヶ月も経つと寂しさを感じるようにはなっていたが

離婚歴5年先輩の友人が営業で車にのって出かけるときは

暇つぶしに同じsoftbankと言うことで9時までsoftbank同士話し放題で
電話をかけてくれ、たわいもない話をして、寂しさをまぎらわせていった。

今回の入院は患部がお尻だけに喫煙所での話題は笑えることが多い

今までの入院は持病の膵炎や内臓疾患の患者さんが多かったため

喫煙所で親しくなっても亡くなられる方もいた

当然食事制限もかけられていて

あまり食事の楽しみと言うことはなかったが

今回はそれなりに味付けされた食事となり満足している。

一人暮らしとなり不規則な生活となっていた

病院では6時30分起床22時就寝となり、この病院では消灯後テレビをつけている人はいない

「郷に入れば郷に従え」

昔から強制はきらいな私ですけど、正しいと感じる制約は守るべきだと思っています。

これでまた

正しい生活を取り戻せそうです。

 

 

 

 

便意は続くよどこまでも

十代からほとんど現場関係のお仕事で

健康だけが取り柄の私にも40代あたりからガタがきている

いや続いている。

年齢により感じる足や腰・膝などの傷み

特に腰については17歳の頃、家の間柱に使われる材料の搬入で

いいところを見せろうと担ぎ、ギックリ腰となり

たまに現れる持病と言える。

しかし今回の痔は情けない

痔も20年ほどの付き合いなのだが、ここに来て

こんなに苦しめられるとは思ってもいなかった。

昨日の午後から手術は始まった

初診の診断より私の痔はかなり悪いようで

医師は思う以上に手ごわかったと言った。

ですが昨日は手術が集中したいるらしく、私が手術室から出るまもなく

カーテン越しに次の患者が運び込まれていた。

術中はさしたる痛みも感じなかったが

病室に戻り数時間もすると麻酔が切れたようで最初にモヤモヤし

次第にジーンとした痛みを感じるようになる

痛みの間に腫れ上がったぢが排便感を感じる

下剤の服用で便はのこっていなにハズなのに

便が出るぞと頭に指令が送られてきている

深夜たまらずナースコールし、看護師にトイレに行くことを告げると

ぜったい安静と言うことで、おしめのの中に排便するよう指示される。

1時間ほどたち排便を我慢できなくなった私は点滴をひき

おしめや肛門にあてられたガーゼをめくり排出してやった

それからが大変で、トイレの個室のなかでナプキンやおしめ、T字帯などを締め直し

病室に戻り痛みをこらえながらの就寝となった。

朝になりお尻の消毒作業 看護師はガーゼがないことで

勝手にトイレに行ったことに気がつき、少し強い口調で叱ってくる

が  しかし

いい歳をしたオッサンがビニールのシーツを敷いているとはいえ

糞まみれの姿を人様にみせる事はできなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、朝から排便があった

だいたい一般の人は術後2日3日便意を感じず、便秘にると言う

朝一番バイク置き場の喫煙所で煙草を吸っていると

主治医が通りながら●●さん元気やな と声をかけて来た

朝の検診で主治医がやってきて●●さんはげんきやナと言いながら患部消毒

朝排便があったことを告げると 優秀!優秀!

とお褒めのお言葉

昼食後、尿意を感じトイレで小をたす、・・・・・・・

お尻からウンコちゃんが垂れてきた

便意は続くよどこまでも~~~野を越え山超え眠っている時も~~~~~

退院まで約2週間、完治は人により1月から2月、ノンビリ行こうぜ人生は!

下剤のお味

当然旨くないのはわかっていたが、もの凄く酸っぱい

看護師は一度に飲まず1時間ほどかけて飲むように薦める

一度に飲むと気分が悪くなる人もいるようだ。

四角いペットボトルに入った500ccでスポーツドリンクにも見える

その後にグリンの錠剤を4錠飲む事となる

1時間もするとお腹が暴れだすというか

ホント下剤というだけに、下痢を感じるお腹となり

夜中に2回朝に1回トイレとなった、あきらかに固形物はないが

午前9時の看護師の回診で下剤の座薬を2錠を入れられ

15分ほどで再びトイレへ

ナースコールで看護師を呼び便の確認

またまたトイレの回数を聞かれ、OKとなった

良かった(*^_^*)

これで固形物や回数が足りないと判断されると浣腸がまっている

何事も初体験なのだがいい年をしたオジサンでも

浣腸は逃れたいと思っていた

とは言え

午後からお尻の手術が待っている

また話のネタができたカナ? 人生なんでも経験や!

頑張るオジサン。