ブックマークに追加してネ!



人気ブログに挑戦します。

ポッチと応援して頂ければ
喜んでコロこんで喜びます。
↓    ↓     ↓

人気ブログランキングへ





最近のコメント

Archive for 11月, 2012

タウン&カントリー発見!

 

 

 

 

 

 

 
ひと月ほど前よそ様のブログで発見した猫の寝姿です。

最初の印象

これこそ正にタウカンのロゴマーク

 

 

 

 

陰陽印だと感じました。

こうして世の中は和を保っているのでしょうか?

まさか鰻重?

昨日の昼の献立なのですが、テーブルに置かれた丼をみてビックリ!

なんと

鰻重ではないですか?

 

鰻重に玉ねぎは入っていないはず?

ヤッパ

肝吸いがついていて欲しい?

味噌汁は合わんカナ?

 

 

 

 

病院で鰻重???それにしてはあの香ばしい醤油ダレがかかっていません

膵炎患者の私の場合、このような調理法になりタレはかかっていないのかと

なにわともあれ一口くちに入れてみました

残念

穴子丼でした

ですが穴子丼もなかなか捨てたものではありません

香ばしい穴子!親子丼などに使われる薄いお出しがかかっていました

貪るように完食、昼のお楽しみはこれで終了となります

この病院はどちらかと言うと外科がメインで

内蔵などの治療の患者は少なく、食事も一般食に近く病院食とはいえ

けっこう美味しくいただけています。

一人暮らしを続けるなか食事だけを考えると入院生活のほうが幸せなのですが

やはりオウチに戻りたいと考えます

今朝の診察で私は良好との事

平均術後14日のところを12日で退院できるそうです

寒さが日増しに厳しくなってきています

家に帰り熱い湯船に浸かり、冷えたビールで一杯を考えています

(術後1月は禁酒)なのですが? 何か?

帰宅の理由

入院から9日目、かなりお尻の調子も良いのだが

排便時はやはり痛みをともなう。

そんななか自宅に届くであろう書類や、冷蔵庫に入れ忘れた

バナナが気になっていた

バナナがもったいなとか、そう言う問題ではなく

閉ざされた部屋のなかでバナナが傷み、小バエが発生するのではと考えた

朝の検診時、主治医に外出許可を尋ねる

<主治医   何に乗ってかえるのか?

<私     バイクに乗って帰ります

すぐに返事を返した自分のお馬鹿さが悔やまれた

<主治医   タクシーだったらかまわないがバイクは絶対にダメ!

当然の答えとすぐに、まともに応えた己を反省した

診療が始まり病院が動き出す

ジャージ姿にスリッパuniqloの防寒ジャケットを羽織

スーパーカブを走らせ自宅へ帰宅

8月から入居して約3ヶ月 それでも自宅は恋しいものとなっていた

帰宅後すぐにファンヒーターを付け部屋を温める

友人はエアコンの方が光熱費的には優れていると言うが

ファンヒーターの方がすぐに部屋を温めてくれる、使い分けが必要だと感じる。

落ち着き煙草を一服すると急に便意をもようす

トイレットペーパーでお尻を拭くのだが痛みで拭くことができない

私の家のトイレはウォシュレットではない

玄関の鍵を確認し

下半身をあらわにしたままバスルームに逃げ込む

一人暮しの気ままな生活ホント助かる・・・

バナナや書類の心配で帰宅と書いているが実は私の吸っているタバコは

ゴールデンバットで自動雨販売機やコンビニにはなかなか売っていない

私の知っている限りのコンビニしか扱っていないので、

帰宅を願いでたしだいです

コンビニよりゴールデンバット ゲット!!

現在販売されているタバコの中では

日本最古の銘柄として有名で、

2006年には発売100周年を迎えた。

Wikipedia引用

タール18mg ニコチン1.1mg

芥川龍之介太宰治も吸っていたとのこと。

 

 

こうしてワガママオヤジの入院生活はつづいております。

無料通話と「おさわり2」

無料通話仲間がまた一人増えた

独身の水道屋で4つ下の連れだが今日sofutobankで

携帯を購入した

奴はdocomoを使用しているが

酒を飲み寂しくなると電話をかけてくる奴なのです

現在の私にとって携帯はライフラインなのだけれど

1万円を超える携帯代はカナリ家計を圧迫する

ですのでsofutobank以外の携帯にはなるべくかけないようにしている。

 

そんななか奴は電話をかけてきてくれていた

水道屋の材料やなども会社ぐるみでsoftbankを使用し

経費を浮かせている

なので昔から使っている携帯以外に会社からsoftbank携帯を持たされ

そんな関係で2台持ちが多くいる

これで奴も少しは節約にはなるので、こちらも安心して電話ができる。

以前の支払いの時にsoftbankにより

iphone5の説明を受けた

iphone下取りしますと何度もメールが入ってきていたが

よくよく聞くと、どうやらパケット通信料が現在より上がる仕組みとなるようで

2年契約まだ途中の私の支払いは月に3000円近く上がるそうだ

病院の消灯午後10時

眠れない時は無料アプリ「おさわり2」で遊んでいる

久しぶりにスーファミの「ピーノ」を思い出した

ピーノの最後は涙したことを覚えている

 

 

 

 

懐かしのホットドッグ

いつも電話でihone同士で話している友人から

メッセージで写真が送られてくる

一人暮し中年仲間、今晩の料理自慢てかんじで

奴はバターロールでホットドッグの画像を送ってよせてきた

キャベツを千切りにし、フライパンで炒め

味付けは塩コショウ、それとSBのカレー粉をスープーん1杯

それにウインナーも少し炒め

バターロールにはさみオーブンレンジで焼いたホットドッグだった。

このカレー粉で味付けしたホットドッグは

私達が車の免許をとり、よく走りに行った六甲山の駐車場で食した

ホットドッグ屋の味付けだった。

キャベツをカレー粉で炒める

その言葉を聞いただけで懐かしい記憶が蘇り

自身もホットドッグを作ろうとイオンに出かけ

SBのカレー粉とウインナーを物色していた

中年を過ぎ、ウインナーの脂をあまり受け付けなくなっていた

バターロールのサイズを考えると

あの昔からある、赤いや安物のウインナーを思い出し探す

何故だか赤いソーセージが見つからず

頭に浮かんだのがタコさんウインナーだった

袋に「タコさんウインナー」と書かれている商品を発見

6本入って180円ぐらい、かなり高く感じたが

食いたいものは喰いたい! 高くとも購入した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
家で調理を始める

キャベツを千切りにし、タコさんウインナーに斜めに3本んの包丁目を入れた

ウインナーの破片がまな板のこぼれるように落ちた

マジマッジとタコさんウインナーを眺める?

「タコさんウインナー」初めて気がついた

タコさんウインナーとは初めから調理するとタコの形になるよう

包丁目が入れられたウインナーだった。

どうりであんな価格で売っていたはずだ

が しかし

ウインナーに数回、包丁を入れることをオシム主婦がいるのかと思えた

そして私のホットドッグはタコさんウインナーが入り、

足の飛び出した不格好なホットドッグとなってしまた。

ケチャップを注ぎかけ食す、不格好だが昔と変わらない懐かしいホットドッグだった。

ある意味入院生活を楽しんでいるカモ?

3ヶ月前から始めた一人暮し

生まれてから初めての経験と言える

最初は自炊の為の必需品などを揃えたり、住所変更・免許切り替えなど

いろいろと忙しく寂しさも感じていなかったが

数ヶ月も経つと寂しさを感じるようにはなっていたが

離婚歴5年先輩の友人が営業で車にのって出かけるときは

暇つぶしに同じsoftbankと言うことで9時までsoftbank同士話し放題で
電話をかけてくれ、たわいもない話をして、寂しさをまぎらわせていった。

今回の入院は患部がお尻だけに喫煙所での話題は笑えることが多い

今までの入院は持病の膵炎や内臓疾患の患者さんが多かったため

喫煙所で親しくなっても亡くなられる方もいた

当然食事制限もかけられていて

あまり食事の楽しみと言うことはなかったが

今回はそれなりに味付けされた食事となり満足している。

一人暮らしとなり不規則な生活となっていた

病院では6時30分起床22時就寝となり、この病院では消灯後テレビをつけている人はいない

「郷に入れば郷に従え」

昔から強制はきらいな私ですけど、正しいと感じる制約は守るべきだと思っています。

これでまた

正しい生活を取り戻せそうです。

 

 

 

 

アフィリエイトに夢をみて

ここ数年の入院回数は半端ではない

3年前に膵炎を発症後その年に2度入院し

建築業に見切りを付けてタクシー会社のお世話になる

入社後1年ほどでまた病気は再発、建築に比べ肉体的には楽なのだろうが

隔日勤務とという不規則な生活で体調をこわすようだった。

オシドリ夫婦と言われた夫婦仲も

私の体調不良と、タクシー勤務の所得の低さから

しだいに不仲になっていった。

共働きと言う立場で稼ぎの少ない自分

弁当を作ってくれていた妻に気遣い、自分で昼弁当・夜弁当を段取りし

出勤するようになった。

あれからますます夫婦の会話がなくなって来ていた

会話がなくなると同時に私に対して言葉をかけることも返事をすることもなくなっていた

そんな暮らしを続けるなか今年の初めに離婚届けを提出した

彼女は本当に離婚届を私が出すとは考えていなかったようで

ますます私を無視することと、顔も背けるような態度をとるようにななった

数ヶ月がたち家を出ることを決意し、現在にいたる

飲酒の量も少なくなった事もあるがストレスだったのか

膵炎の発症がなくなった。

隔日勤務の不規則な生活による飲酒は私にかなりの負担となっていたようだ

建築時代。バブルの頃かなり贅沢をさせた自負はあるが

所得が低くなりこのような扱いになったことを悲しく思う

離婚歴5年先輩と電話で嘆き合う

バブルの頃俺たち馬鹿者はうかれ貯めることをしなかった

思うがままに使いまくり、貯めることを知らない嫁

なるべきようになったとは感じているが、まだまだ人生を諦めたわけではない

2年程まえからアフィリエイト

成果はまだまだ言えないが頭だけでは理解ができるようになったと思う

もぅ初心者とは語れない

建築業界がまた忙しくなるとは考えられず在宅勤務を目指しています。

就職活動とバイトの合間ただひたすら作業をすることを

ここに誓います。

便意は続くよどこまでも

十代からほとんど現場関係のお仕事で

健康だけが取り柄の私にも40代あたりからガタがきている

いや続いている。

年齢により感じる足や腰・膝などの傷み

特に腰については17歳の頃、家の間柱に使われる材料の搬入で

いいところを見せろうと担ぎ、ギックリ腰となり

たまに現れる持病と言える。

しかし今回の痔は情けない

痔も20年ほどの付き合いなのだが、ここに来て

こんなに苦しめられるとは思ってもいなかった。

昨日の午後から手術は始まった

初診の診断より私の痔はかなり悪いようで

医師は思う以上に手ごわかったと言った。

ですが昨日は手術が集中したいるらしく、私が手術室から出るまもなく

カーテン越しに次の患者が運び込まれていた。

術中はさしたる痛みも感じなかったが

病室に戻り数時間もすると麻酔が切れたようで最初にモヤモヤし

次第にジーンとした痛みを感じるようになる

痛みの間に腫れ上がったぢが排便感を感じる

下剤の服用で便はのこっていなにハズなのに

便が出るぞと頭に指令が送られてきている

深夜たまらずナースコールし、看護師にトイレに行くことを告げると

ぜったい安静と言うことで、おしめのの中に排便するよう指示される。

1時間ほどたち排便を我慢できなくなった私は点滴をひき

おしめや肛門にあてられたガーゼをめくり排出してやった

それからが大変で、トイレの個室のなかでナプキンやおしめ、T字帯などを締め直し

病室に戻り痛みをこらえながらの就寝となった。

朝になりお尻の消毒作業 看護師はガーゼがないことで

勝手にトイレに行ったことに気がつき、少し強い口調で叱ってくる

が  しかし

いい歳をしたオッサンがビニールのシーツを敷いているとはいえ

糞まみれの姿を人様にみせる事はできなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、朝から排便があった

だいたい一般の人は術後2日3日便意を感じず、便秘にると言う

朝一番バイク置き場の喫煙所で煙草を吸っていると

主治医が通りながら●●さん元気やな と声をかけて来た

朝の検診で主治医がやってきて●●さんはげんきやナと言いながら患部消毒

朝排便があったことを告げると 優秀!優秀!

とお褒めのお言葉

昼食後、尿意を感じトイレで小をたす、・・・・・・・

お尻からウンコちゃんが垂れてきた

便意は続くよどこまでも~~~野を越え山超え眠っている時も~~~~~

退院まで約2週間、完治は人により1月から2月、ノンビリ行こうぜ人生は!

下剤のお味

当然旨くないのはわかっていたが、もの凄く酸っぱい

看護師は一度に飲まず1時間ほどかけて飲むように薦める

一度に飲むと気分が悪くなる人もいるようだ。

四角いペットボトルに入った500ccでスポーツドリンクにも見える

その後にグリンの錠剤を4錠飲む事となる

1時間もするとお腹が暴れだすというか

ホント下剤というだけに、下痢を感じるお腹となり

夜中に2回朝に1回トイレとなった、あきらかに固形物はないが

午前9時の看護師の回診で下剤の座薬を2錠を入れられ

15分ほどで再びトイレへ

ナースコールで看護師を呼び便の確認

またまたトイレの回数を聞かれ、OKとなった

良かった(*^_^*)

これで固形物や回数が足りないと判断されると浣腸がまっている

何事も初体験なのだがいい年をしたオジサンでも

浣腸は逃れたいと思っていた

とは言え

午後からお尻の手術が待っている

また話のネタができたカナ? 人生なんでも経験や!

頑張るオジサン。

初体験です、ビビるなオジサン!

お下劣な話なのだが、今日から入院している

何のための入院かというと、痔なのです。

痔は20年ほど前から持っていたが

友人の引越しの手伝いに行き、また再発した

工務店勤務で力仕事も多かったのと長年の飲酒が原因なのはわかっていた

建築業を止めタクシー勤務を2年間していた

やはり筋力が弱ったのか久しぶりの力仕事で痔が爆裂したようだ

友人に話をすると私の家の近くに痔の専門で名の知れた病院があると言うことで

尋ねると私の痔の症状は4段階中3段階目で切るしかないと言われ

今日20日入院手術となった

朝食をとり、シャワーを浴び病院へ

治療の流れの説明を受け、お尻の毛の除毛となった

パンツを下げベットにコの字になりお尻を突き出し、横向きに寝る

シェービングクリームを塗られ除毛される

痛くはないが初めての経験で、とってもモゾモゾする

蟻の戸渡あたりも剃られる、ますますムズムズする

恥ずかしくはあるがへんな快感を感じながら除毛が済んだ

南国生まれの私のお尻は毛深く少し手間がかかったように思う

しかし自分では見れないが、いい年をしたオジサンがお尻の毛を剃られたという状態では

大好きなスーパー銭湯には行けないと思う、しばらくスーパー銭湯はお預けだ。

寝る前に下剤と睡眠薬を飲むらしい

入院は何度も経験しているが、痔を切ると言うことに恐れを感じています

明日午後より手術となります

けっこうビビっている自分を感じています。