ブックマークに追加してネ!



人気ブログに挑戦します。

ポッチと応援して頂ければ
喜んでコロこんで喜びます。
↓    ↓     ↓

人気ブログランキングへ





最近のコメント

Posts Tagged ‘おでん’

冬将軍、負けるな俺

寒いにゃ~~~~辛いな、higeyasuです。

 

 

久しぶりに自身を語りますが、3週間ほど「おでん」を食っていました
一人鍋ゆへ、追い足し追い足しなのですが
ヤッパ「おでん」って飽きません、日本人の宿命と言うか?煮物?
日々オジンになっているのがわかります。

 

 

ですが若者ヨ! 兄ちゃん 姉ちゃん「おでん」にカラシをタップリつけて食ってミ

醤油と甘辛い食材

そ~~~~~~ヨ

人の心や人情などなど「暖かい」?「温かい」

 

 

イ~~~~~~~ネ!

 


昨日のあまりの寒さから仕事帰りトーホーにより、「白鶴マル」を購入

ほんと一人暮らしになってから、日本酒を買うことがなかったのですが

昨日の「木枯らし1号」を感じ、飲んじゃいました・・・

今日は仕事もOFF!となりました・・・

人間なんてラララ

パッチのゴムを入れ替えなくては?

 

 

おでん、でしょう!

残暑が厳しい年だった、台風の多い年だった。

 

そんな なか、台風26号がさりホント寒くなった今日此の頃です

生きてますhigeyasu です。

 

 

私が小学生のころ住んでいた場所は漁港の近くで

その当時ヘドロという言葉が初めてきく公害話題の時代

チクロやサッカリン、砂糖の代用された科学調味料?がお菓子などに大量に消費されていた

漁港の海底にも日用品の残骸などが散乱し悲惨な光景のはずなのだが

日常の風景に疑問をもたず、近くの漁港が中途半端な町の子供の遊び場だった。

 

 

東の湘南、西の須磨なんて聞いた事もあるが

須磨東の今のヨットハーバーができるまでは、あたりは寂れた漁港ってかんじで

砂浜が続く汚い浜だった記憶がある。

 

 

私の遊び場だった漁港の真ん中には2本の桟橋が突き出ていて、漁師達が魚をあげていて朝一なども小じんまり行われていた

道路を隔てた対面に黒く煤けた長屋並びにオバンが巨大な鍋で関東炊き(おでん)を炊き

商売を営んでいた。

 

その頃のイメージでは鍋は直径70㌢ほどに思えたのだが?

駄菓子屋にもよく足を運んだが、漁港で遊ぶと小遣いは関東炊き屋で使ってしまった

巨大鍋のだしはホント黒く濁り、底の具材は確認できない

表面に見える具材は追加されたものであろう

オバンにすじ と卵 じゃがいもと注文するとお玉が底から味のシュンだ具材をよそってくれた

アルマイトの容器に練からしをタップリ、無茶苦茶旨い!!

卵をほうばる、白身は完全に茶色になり おでんのだしが染み込んでいる

黄身の3分の1はだし汁に溶け、からし&だし汁を最後にすする

最高の御馳走だった。

実際には「すじ と卵 じゃがいも」などと3品を注文できたのは中学生になり新聞配達をしてからの事なのだが

市場にたまご屋さんがあり、籾殻の上で玉子様が鎮座していた頃

おでんの卵は憧れの一品だったと思う。

 

一人暮らしも一年も過ぎ、早2ヶ月「おでん」を炊いた

 

おでん

 

 

 

 

 

 

 

 

だしを何で取るか?かんがえる?

味の素の本だしの裏箱を確認する「おでん」とは書かれていない

東丸うどんスープには「おでん」OKと書かれていた、レシピにはうどんスープ素だけでOKなのですが

オイチャンはとうぜん、みりん・酒・砂糖を加え調理する。

 

数日前にイオンで「おでん用練り物せっと」購入、業務スーパーですじ肉(アキレス)購入

酔いタンボで買い物に行ったので、なんとアキレスは1キロ袋だった3分の1使用

トロトロに溶けたアキレスがコクを出すんだなコレ!

1周間を目標の禁酒、4日めにおでんを炊いたが為 解禁となってしまいました

3日目のおでん   最高!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しめにはしば漬け茶漬け

 

 

 

すじ肉、大根を味わいながら

しば茶漬けすする

人生そんなに悪く無い?

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村