ブックマークに追加してネ!



人気ブログに挑戦します。

ポッチと応援して頂ければ
喜んでコロこんで喜びます。
↓    ↓     ↓

人気ブログランキングへ





最近のコメント

Posts Tagged ‘膵炎’

点滴開放と憂鬱

強制入院4日めヤッパ食事は一切摂っていません。

膵炎治療では点滴での治療となります
食事を摂ると胃のたすけの為に膵臓が働き膵臓の酵素がでて
ますます周りを傷つけるようです。

バカですから膵炎の入院はこの4年で十数回目になっています
最初の入院では12日の絶食を経験しました
ほとんどの場合血液検査のアミラーゼの数値で入院、通院が決まります

今回も突然の痛みですが
前々から痛みを堪え診断を受けると数値が正常で痛み止めだけを処方され
帰されることが多々あったので、わりと気楽に構えてましたが
待合で待っているうちにカナリ本気で膵炎を感じていました。

血液検査の結果アミラーゼの数値は4000近く
普通は上限133だったはず?

 

主治医にお願いをする?
なんとか通院にしてもらえないだろうか?
先生いわく、100歩譲って1000までだったら許すが4000近くなんて言語道断
即入院!

 

 

入院4日目の朝、血液検査・心電図・レントゲンを撮ります
かなり慣れたものでアミラーゼの数値は下がっていると考えています。

 

10時の点滴交換
看護師がやってきてhigeyasuさん、この点滴が最後
明日の朝から食事がでます。

すべて私の読みの通り、数値は140なのだが
この点滴がまた長い
8時間かけて投与されるもので喜んでいるのだが、

開放されるのは夕方6時

バカオヤジは一人点滴を眺めながら人生を考えています。

 

 

 

 

 

 

はやく落ちろ

自由が待っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

自身を摂生しなくとはと考える(止めると断言できな弱い俺がいる

 

 
何度も何度も親戚・兄弟・友人に飲酒を注意されてきた
昨日は    バツイチ先輩が尋ねてくれて
「ほんまに ほんまに酒を止め」おまえが居らんようなったら寂しいんヤ

 

 

 

このまま突き進めばどのような人生になるかはわかっている。

 

 

変わります変わるのが最善だから

酒を止めると人生変わると思うんです

ポッチと応援お願いします。

↓     ↓

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

再入院決定、哀れ

こんちはhigeyasuです全く更新を怠っていました
と言うのも
この頃かなり疲れを感じていたのですが
やはり膵炎の兆候だったようで
月曜日、求職者支援訓練の授業を受けていると急に腹痛を感じました
今週の授業はhtmlの授業と言うことでかなり気合が入っていました。

 

 

何事にも初歩が大事と意気込んでの授業だったのですが
1時限目でダウン、幸いこの学校と行きつけの病院とは近く
12時までの検診に間に合うので痛みをこらえなんとか間に合いました

 

久しぶりの検診なのでしばらく待たされます
しだいに痛みは増し、診療を受ける頃には痛みを堪えての汗まみれ
ですがCTや血液検査を受けてからの判断なのです

主治医は検査結果をみるまでもなく膵炎の点滴を指示してくれ
気持ちは落ち着いてきたのですが痛みが治まりません
看護師に「これ痛み止め入っている」と聞く?

 

膵炎の治療薬でべつに痛み止めは入っていないと言う

 

痛いから来てるネン、先に痛み止めてくれヤ!
大きな声出していないが、小さな声ではなかった。

 

 

今回の入院。
痛み止めの効果が薄れてきている
飲み薬や座薬・点滴などいろいろな投与を受けたが
かなり効きが悪い。

 

初めて救急車で運ばれた時、死にたいと考えた
あのときの痛みほどではないが
治まらなぬ痛みにこんかいも少し死を考えた

バカな男の懲りない惰性的生活

ほんとうに改心する必要がある。

緊急入院だった マンよく
元家のeo光の電話ネットが通じないと元嫁から電話があった
私の家のメインキーを預けていた
息子たちに言って着替を届けてくれないかとお願いする
二人とも仕事で帰宅は夜8痔以降になるとイイ

 

私が届けてくれると言った

 

数ネン邪険にされての生活だった
そんな言葉を期待していなかった。

「鬼の目にも涙か?」

哀れんでくれてもイイよ~~~~

バカだと思ったらポッチ
↓   ↓
人気ブログランキングへ